気を付けたいシェアハウスのトラブル
2017.02.02

subimg04シェアハウスは現在話題になっている住宅様式であり、複数人で生活するので意思疎通ができるという点などで優れていると言えます。共有部分だけではなく、プライベートスペースも存在していて、また後者においては一人部屋のような形式になっているタイプと複数人で一つの部屋で暮らすとするタイプがあります。一人部屋のような形式のタイプは入居者自身のプライバシーが侵されないという点で優秀です。一方、複数人で一つの部屋で暮らすとするタイプはドミトリータイプと言い、部屋をシェアできるというメリットが存在します。ところで、この住宅様式は全く知らない人と家の中の設備を共有しながら暮らすことになるので、自分勝手に生活することはトラブルの元になります。その住宅様式で暮らしていくためにも、事前に決まりを作っておくことが必須です。

決まりを作る際に注目しておきたい点の一つに同居人それぞれの生活様式を理解するということが挙がっています。人それぞれ異なる生活様式を持っているので、その違いによってトラブルが起こるという場合もあります。生活様式を知った上で決まりを作ることが同居人と仲良くするためのテクニックだと言えます。もっと言えば、外国人と一緒に暮らすというケースも存在していて、その人に考慮することも必要になってきます。気を付けたい点には、住んでいる外国人が信仰している宗教を理解することなどが存在しています。その人と一緒に食事へ行ったり、料理を作ってあげたりする場合は注意するようにします。ただし、文化の違いも理解することができ、その比較を楽しめるので戸惑うことばかりではないと考えられます。同居人との意思疎通を行っておくことも大切であり、それによって信頼し合える関係を築くことができます。シェアハウスに住んでいれば何かしらのイベントに参加する機会が出てくるので、それに参加するよう心掛けておきます。

以上のような事項以外にも仲良くするための基礎知識はありますが、シェアハウスで生活する場合は以上のことを意識することが大切です。ただ、国際交流のチャンスが出てくることもあるので、外国の文化や言語などを知りたいという人にとっては楽しいことだと思われます。また他人のことを考慮する心を身に付けることが可能な点でも優れていると言えます。しかし、トラブルが起きると今後の生活に差し支えが出てくるので、同居人たちのことを考えた上で生活することが成功へつながります。

▲ ページトップへ