プライベートスペースはあるの?
2017.02.02

subimg05シェアハウスを利用している人は年々増えていて、若い人だけでなくある程度年齢を重ねた人が利用するようになってきています。その中で、注目したい部分がプライベートスペースの確保です。基本的には、自分の部屋が個室でありその部分がブライベートスペースとなっていますが、それ以外にもシェアする部分を利用時間などを指定していることもあります。それによって、その時間だけをプライベートで使えます。その前に、基本的にシェアする部分として挙げられるのが、キッチンとトイレとお風呂があります。これらは、共有していも問題が少なく共存することができます。その点で、冷蔵庫に関してはシェアするかどうかをしっかりと決める必要があります。冷蔵庫は自分が購入をしたものを入れておくのですが、結構忘れてしまったりして他の人のものを使ってしまうことがあります。仲がいい人同士で借りるのであれば問題ないかもしれませんが、家族ではないのでその点はしっかりと話し合いをして決める必要があります。そのため、プライベートスペースとして人数分の冷蔵庫を用意することもあります。

そして、部屋のタイプもいろいろとあり、基本的には一人部屋なのですが料金などの関係上二人部屋にする人もいます。そして、ルールを決めておくことも必要です。プライベートスペース以外を使うのであれば、共有スペースの過ごし方や設備の使い方もポイントになります。ブライベートスペースのようにくつろぐということは難しいのかも知れませんが、ルールにみんなが従うことによって快適な空間にすることができます。そして、設備に関しても料金をシェアしているので、その点もよく考えて利用をする必要があります。テレビの音量や食事をした後の処理などを決めておくことも大切です。特に、お風呂に関しては清潔に保つことが必要であり、利用したら軽く清掃をしておくとか、当番制にして掃除を割り当てることが必要になります。

そして、ブライベートスペースでも生活音が聞こえることもあり、周りの人の迷惑にならないように気を使える人でないと共存が難しくなります。逆に神経質な人も向かないといわれていますが、建物のつくりやルールによって妥協できるようにできます。そして、同じ趣味を持っている人だけがシェアするのであれば、共有スペースも区切って利用をすることもできます。そして、楽器を使える所であれば一緒に演奏をするなど生活を充実させられるというメリットもあります。

▲ ページトップへ